SEAZ OUTSIDE COLUMN

海外出張へ行った際の、ちょっとしたコラム集です。 ドイツ語圏を中心に、ヨーロッパ全域でクラシックバイクを集めてます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-011 2006-9-012


前回のコンテナ便の商品が予定より早く在庫が無くなり
急遽、渡欧する事となりました。

前日は徹夜で留守中の手配連絡&処理をし、頭ぼんやりのまま、
関西国際空港へ。
いつもなら2時間前にチェックイン開始なのに、既に長蛇の列。
前方ではチェックインが既に始まっていました。
座席はボーイング777の場合10番列右の通路側が希望でしたが、
残念ながら既に予約済みで、10番列真ん中の通路側となりました。
しかし結果オーライで結局、往きは10番列中央の三席を独占出来、
ゆったりとアムステルダム空港へ行く事ができました。

さてアムスの空港で、2時間程暇を潰して、ミラノ行きの
アリタリア航空へ乗り継ぎです。
アリタリアに乗るのは、10年ぶり位です。
2時間位のフライトで、夜の8時過ぎに「ミラノ マルペンサ空港」
へ、無事に到着しました。
既に外は真っ暗で、「イタリア→変な人一杯→夜は気色悪い(笑)」
と連想しつつ、マルペンサエキスプレスに乗ってミラノ市内へ。
駅からはタクシーでホテルに無事到着したのは、9時半位でした。
でも夜の駅は変な人が一杯で、居心地悪かったです。
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:59:55|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-021 2006-9-022


ミラノのホテルでは、無事にヨーロッパ本部長と落ち合い、
まずは、食前酒のシャンパン「プロセコ」で乾杯です。
RIMOWA SALSAの新モデル「プロセコ」は、このイタリアのシャンパン
が名前の由来になっているのです。
なるほど、リモワプロセコの外装の色と、良く似ています。
ホテル近所のレストランの料理は、とても美味しかったです。

さて今回の「2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅」のお供は、
ヨーロッパ本部長の愛車、フィアットのナチュラルガス仕様車です。
「セーブ ザ マネー」が口癖(笑)の、彼にぴったりの車です。
上の写真右は、ナチュラルガスステーションでの給ガスの模様です。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:58:09|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-031 2006-9-032


まずは、以前に依頼していたCB400F&CB750K&Z2の、
「ビモータ スイングアーム」試作品を見に行きました。
やはり、ビモータのタンクにテールカウルとくれば、スイングアームは
絶対外せないアイテムですよね。 
次に近所のコモ湖近辺のバイク屋さんを訪問しました。

昼からは、反転南下しボローニャを目指します。
「なんや知らんけど、トスカーナ地方はエエな?ビッテ」と、
ドイツ人のヨーロッパ本部長は、車窓の風景に御満悦でした。
イタリア好きな方には申し訳ありませんが、私のイタリアの印象は、
何度訪ねても「大きなゴミ箱」という感じがしてしまいます。
特にミラノやローマ等の大都市は、所構わず駐車している車に、
ゴミステーションから溢れるゴミと異臭・・。ちょっとウンザリです。

さて、ミラノを再び通過し、夕方にはボローニャに到着です。
ボローニャと言えばピザ屋でピザ&ボロネーゼ(笑)です。
ピザ屋のお兄さんに、写真撮るからピザ生地をクルクル廻してと注文し
パチリと撮影。 緊張していたのか、生地の高度が低いような気が・・。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:56:50|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-041 2006-9-042


3年ぶりに会う、ボローニャのバイク屋さんはとても元気でした。
お願いしていた部品を、あれこれ梱包してもらい、楽しいひと時を
過ごしました。 「ボロネーゼは別にボローニャの料理では無い」と、
店主さんにレクチャーを受けつつも、またまたピザ&ボロネーゼです。
あと、食後酒の「カッパ」を注文すると、おちょこサイズと思いきや
瓶で出てきましたので、ついつい痛飲し案の定自動操縦状態に(笑)。

さて、楽しいボローニャの滞在を終え、パルマに有るバイク屋さんに
寄り、一路イモラサーキットへ。
ボローニャからは、アウトストラーダを通れば30分程でイモラです。
イモラサーキットで開かれる、フリーマーケット会場が近づくにつれ、
上の画像のような、バイク満載トレーラーが目立ち始め、
気分が高まってきます。

開催は土日なのですが、そんなモノを信じてはいけません(笑)。
昔の天竜川のフリマの如く、早めはやめが必勝の法則でございます。
なんと前々日木曜日には、会場に到着しました。
既に、会場前の広大な駐車場は、バイク&部品満載のトラックで一杯です。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:51:06|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-051 2006-9-052


さて、上の画像はイモラのフリーマーケットの模様です。
簡単にこのフリーマーケットの事をご紹介しますね。
イタリアでは五本の指に入る位の大きなバイク&車のフリーマーケットです。
かつては、周辺の国から大きなトラックやトレーラーを引いて、
商品の仕入に押し寄せたという位の有名なフリーマーケットです。
日本では「ミスターバイク9月号」に、編集部員の方が訪問された際の
レポートを掲載されていますので、是非ご参照下さい。
特にバイク系のお店が9割を占め、バイク乗りには興味深い場所です。

ただ、手放しで全てが素晴らしい訳では有りません。
まず半数以上がゴミのようなバイクです。(個人の感覚の差が有りますが)
日本車の値段がとてつもなく高いです。部品も同様にとんでも高いです。
欲しいモノ(例えば空四カフェレーサー系部品)は、殆ど無いです。
カワサキZ系等は、後ろへ三回転する位の値段と程度の悪さです。
良く解る例が、実際にドイツの知り合いが2?3人店を出してましたが、
彼らは口を揃えて言います「ココは買う場所では無い、“売る”場所だ!」

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:49:29|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-061 2006-9-062

2006-9-063 2006-9-064


上の画像は、会場で見かけたバイク達です。
結構見てる分には面白いですよ。

ついでに、「それでも彼の地を目指したいチャレンジャー」へ
具体的なアドバイスを送りたいと思います。
?とにかく車で行くのがベストです。
?イモラの街へ入ったら、「サーキットのパドック看板」を目指して下さい。
?パドック裏の広大な駐車場では1週間前位から、たくさん集まってます。
?駐車料金は期間を通して確か34ユーロだったと思います。
 中でキャンプもOKっす! チャレンジャーは是非トライして下さい!
?公式HPには土日開催となってますが、金曜日の午後から入れます。
 午後だけですと7ユーロで入場できます。先手必勝です(笑)。
?サーキットは金曜日2周・土曜日3周する気持ちで廻って下さい。
 その都度に新しい発見が有ると思います。
?アイルトン・セナが死んだコーナーの横には、セナの座っている銅像が
 有ります。せっかくですからお参りしてあげて下さい。
?「I love MONEY♪」な方(笑)は、べスパを狙って下さい。 
 今、一番旬のバイクはべスバです。現に各国から大勢べスパを買いに
 ベスパ屋が押し寄せてきています。周辺国からすれば、300ユーロ位で
 旧いベスパが仕入れられハッピー♪、イタリア人からすればタダ同然の
 ベスパが2?300ユーロになってハッピー♪ イタリアの国からすれば、
 煙モクモクでうるさい旧いベスパが無くなってハッピー♪
 いわゆる「三方良しの近江商人状態」(笑)みたいですよー。
?ジャポネーゼ(日本人)の高値買い!は、既にイモラでは有名です。
 実際に会場で「去年ローマから来た日本人は、何を何ユーロで買った」云々
 結構信憑性高そうな噂話(笑)が、ココそこで聞かれました。
 従来のジャポネーゼらしからぬ、値切り倒しを肝に命じ挑んで下さい。
?最後に、日差しキツイっす&部品汚いっす&便所汚いっす!
 タオルに軍手&ミネラルウォーター・・そして便座クリーナーは必携です!!

さぁチャレンジャー達よ! 大志を抱いてイモラへ向かい、そして勝利を勝ち取って下さい!

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:45:10|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-071 2006-9-072


イタリアでの熱い(暑い)6日間も終わり、一気にスイスを目指します。
国境では「日本&ドイツ」の優良Wパスポートの提示でノーチェック通過です。
しかし、スイスがEUに加盟していないので、国境はいつも大渋滞。
例えば自分の車の前方10台中、7台が停車を命じられチェックを受けてました。
これでは大渋滞が発生するのも仕方ない・と思いつつ笑顔を振りまきながら無事通過。

次に待ち構えるサンゴッタルド峠トンネル前で、また大渋滞です。
思わず堪らんとトンネルを諦めて、峠越えの新道を選びました。
上の画像は、新道から見る、今年の夏に通過した旧道です。
サンゴッダルド峠の新道は、旧道に比べて趣は無いですが、それなりに眺望は楽しめます。
そのままグイグイ北上し、スイスのバイク屋さんへ夕方到着。

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:43:14|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-081 2006-9-082


このスイスのバイク屋さんは、日本の近所のバイク屋さんの「梅ちゃん」に
雰囲気がそっくり! いつも親近感バリバリです。
店の横には店主がヒルクライムレースに使っていた、「Z1000R ローソンレプリカ」が。
店内にも、Z1やZ1000などカワサキ系のバイクが沢山です。
値段はとーっても高いですが、同じZ好きと言う事で、いつも遊びに寄ってます。
紹介してもらった、近所のバイク屋さんでカワサキの昔の新品純正部品を仕入れて
お別れしました。

ついでにスイスからオーストリアに入ってスグの、超ど級バイクショップへ!
ここは久し振りの桃源郷とも言える品揃え&価格のバイク屋さんです。
気が付けば手は真っ黒、おでこまで油まみれの状態でした(笑)
他人はこれを「鉄くず漁り」と呼びますが・・・
私達はこれを「宝探し!!」と呼んでいます♪(笑)

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:41:57|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-091 2006-9-092


今度はスイス・ドイツ国境を、またもや笑顔を振りまきつつ無事通過。
一気に黒い森まで走り、ガストホフで宿泊です。
イタリア・スイスに比べると、ドイツの宿泊費用はとても安くて助かります。
黒い森のバイク屋さんに寄り、それから中部のバイク屋さんに寄って。
毎日毎日バイク漬けの日々です。
アウトバーンで「暇やな?」とボーっとしていると、目前にキューベルワーゲンが!
「ドイツ→アウトバーン→キューベルワーゲン」とは・・・
なんてナイスな組み合わせなんだろう♪と写真をパチパチと。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:20:01|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-101 2006-9-102


今日は、ヨーロッパ本部長の友達であるバイク輸出屋さんへ。
このバイク屋さんは、ヨーロッパ本部長に話を聞き、突如商売を始めたと言う
おもしろい人です。 ドイツやスイス・オランダ・ベルギー等の周辺国から
CBX550F GS400 GT380 HAWK2 CB400F Z550FXなどを集め、日本へ輸出してはります。
同じような商売をしている業者は、ヨーロッパでは何軒もありますが、
ココの店主は、人柄も良く結構信頼できる人ですよ。
もし、上記のようなバイクを一度に20?24台買いたい人が居たら紹介して
あげますよ。 店主は英語が喋れますので、簡単な英語で問題無いと思います。

さて、色々と日本での相場や状況を教えてあげて、ミッキーヘッセさん宅へ

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:18:19|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-111 2006-9-112


さてミッキーさんとは1年ぶりの再会です。
アポ無しで、ミッキーさん自慢の日本庭園から、そーっと入り。
庭で反対向いて寛いでいたミッキーさんに声をかけると、
びっくり仰天して飛び上がって喜んでくれはりました。
去年&一昨年と2年間の間、毎日毎日「Z1?BOOK2」を執筆していたので、
今年はボーっと暮らしていたそうです。

とりあえず、ミッキーさんの製作したZ1-BOOK2のプラチナエディションを
日本向け限定100冊で、日本国内販売する事になりました。
これは、表紙がシルバーで、中に特典ポスターが2部入り、裏表紙には
全てシリアルナンバーとミッキーさん直筆のサインとメッセージが入った
バージョンです。 価格は100ユーロとなります。
実際、ドイツで販売されているZ1-BOOK2は、黒い表紙で50ユーロですが、
ミッキーさんをヘルプする意味合いでこのシルバー表紙のプラチナエディションを
日本で販売いたします。販売開始は11月の予定ですが、御希望の方は、
お早めにご連絡下さいませ。

余談ですが、現在ミッキーさんの「Z1-BOOK1」は売り切れになって久しく、、
たまにネットオークションに中古が出品されると、なんと150ユーロを超える
金額で落札されているそうです。 もし日本でZ1-BOOK1をお持ちで御不要な
方は、ドイツのネットオークションに出品される事をお薦めいたしますよ。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:16:18|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-121 2006-9-122


ミッキーさんの近所に住んでいるハインツ宅へ
彼は根っからのメカニック気質で、自宅に旋盤などの工作機器を揃え、
日夜自分のZ1をイジっております。

さてそんなハインツ君ですが、この度なんとZ系クラッチハウジングの
リビルトを始めました。 詳しくは企業秘密だそうで、ココには書けませんが、
Z乗りなら大なり小なりクラッチからの音鳴りに悩んだ経験は有ると思います。
またAPEから出ている強化クラッチハウジングキットは、スプリングが全て
同じ構造&強さで、純正のように強弱がついておりません。
またカシメのリベットのガタなども出てきますよね。
それらを全て克服できるクオリティでOHできると彼は豪語しておりました。
実際全ての純正品の寸法で、それを超える品質で、部品やスプリングを造ったそうです。
この製品を試してみたい業者さんは、どうぞお気軽に御相談下さいませ。
喜んで紹介させていただきます。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:13:06|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-131 2006-9-132


ついでにハインツ宅二階にある彼の作業場へ。
2年前から全く進んでいない事を指摘すると。
「この2年はクラッチの事ばかり考えていたビッテ」
との事。
彼が持っているお宝純正部品を散々見せびらかされて(笑)、
またステイ先のヨーロッパ本部長宅へ

ミッキーさん&ハインツ君は、本当に良いコンビです。
日本風に言いますと凸凹コンビって感じですね!

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 11:11:44|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-141


今日はイタリアで集めてきたRIMOWAの補修部品をチェック!
リモワの補修部品を集めるのもひと苦労です。
イタリアの業者さんから車輪30個、ハンドル多数、ロック多数を、
確保できてとても幸せな気分です。

RIMOWAは御存知の通り、とても素晴らしいドイツ製スーツケースです。
でも当然、手荒に扱われたりすると破損してしまいます。
最近本当に多いのが、車輪の破損とハンドルの破損なのです。
チェックイン時に荷物を預けてしまうと、あとは空港職員の手に
愛用のRIMOWA取り扱いの命運が握られてしまいます。
そこで「投げられ、踏まれ、落とされたり」したら、そら壊れます。
良く海外の空港で乗り換え待ちの際に、窓から見ていると・・・
居ますよね?手荒な職員が! 「コラ 俺のRIMOWAを踏み台にするな!」
なんて叫びたくなる時が多々あります。
したがって常に「備えあれば憂いなし」でございます。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 10:55:30|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-151 2006-9-152


今日はドイツの当社倉庫のお掃除です。
1年に3回位しか行けないので、掃除がなかなか大変です。

昼ごはんを食べ、次はヨーロッパ本部長の愛車、シーリーH2Rについて
アレコレと。 このバイクで来年春の「ボルドールクラシック耐久レース」に
出場する予定だったのですが、なんとまあ練習中に転倒してしまったのです。
機関の損傷は微々たるものですが、外装の損傷が激しいです。
これを治して、セッティングも出して、来年の春!というのは、無理そうです。

画像右側は、ヨーロッパ本部長の「MVアグスタ350」です。
これを売りたいそうなので欲しい人はお気軽にご連絡下さいね!
無茶苦茶綺麗ですよー。
横に置いてあるカウルはH2Rのカウルです。シーリーに装着予定だったのですが・・。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 10:47:45|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-161 2006-9-162


せっかくのドイツ! バイクも何か買わなくちゃと、
綺麗なH1BとZ550FXをゲット♪ でもトレーラーを引いて、延々8時間かけて
取りに行きました。
日本で考えると、「神戸から東京にバイクを取りに行って、また帰ってくる感覚」
ですよね。 とてもじゃないけど日本ではできません。
でもアウトバーンだとバンバンスピード出せて、高速代タダなので、
何故か出来てしまいます。

しかし、デュセルドルフの近郊まで行って、日本食屋さんに寄る時間が
無かったのはツラかったです。。
車内では、
私・・・・・・・・・「デュセルで、カツ丼食わせろビッテ!!」
ヨーロッパ本部長・・「時間が無いのでニヒト・ナイン・ネー ダス!」
私・・・・・・・・・「シャイゼだビッテ!(怒)」

と、訳わからん会話をしながら騒いでおりました。

デュセルドルフは説明するまでも無く、日本の駐在さん一杯の、
ロスで言えば、トーランスやガーデナみたいな所です。
したがって日本食屋さん一杯の「ドイツのオアシス」みたいな場所です。
わざわざ海外で和食を食べなくても・・と責めないで下さいネ!
歳を取れば取るほど「米・味噌・野菜・魚」が必要なんです(笑)。


テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 10:44:34|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-171 2006-9-172


いよいよ帰国も迫ってきましたので、本部長宅近所の車屋さんで、大きな幌つき
トレーラーを借りました。
朝の6時にハノーファーを出発し、RIMOWAを集めに東西南北へと激走です。
リモワ スーツケースの場合、需要が完全に供給を上回っていますので、
RIMOWAを現地で確保するのも大変です。
この日は、1000キロ近く走って、やっと120個あまりのRIMOWAを確保しました。
これで従来のオーダー分を加えると、満足する個数になりそうです。
アウトバーンで、トレーラーを牽引すると最高速度は80km、
若干のお金を払って100kmステッカーを貼って、最高速度100km・・。
日本でだったらストレスを感じませんが、アウトバーンですと、他車の
スピードが速いので「まるで亀の歩み」に感じます。

本当に疲れた1日でした。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 10:29:53|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-bycycle


今日はハンブルグへと出撃です。
(すいませんカメラ忘れていきました)
ハンブルグのバイク屋さんを数軒廻ってお買い物しました。
いやはや、どこもここも不景気そうですねー。
バイク屋の皆さんは口を揃えて、昨今の16?35歳あたりの
若者の単車離れを嘆いてました。
「あと20年したらどうしよう??」なんて言ってるので、
「引退して楽しく遊んだらよろしいやんビッテ!」と励ましておきました(笑)。

そう言えば、最近の夢は自転車でのドイツ縦断です。
いつもドイツを訪問する際に、楽しそうにサイクリングをしている人達を
良くみかけます。 またドイツにはたくさんの自転車専用道路が有ります。
一度のんびりと、親子で自転車に乗り、南の端から北の端まで縦断したいです。
もし、その夢がかなったら、次はドナウ川に沿ってドイツの源流から黒海まで
行きたいですね。
もちろん懐には「ドナウの旅人」を入れて・・(笑)

※上の画像は、第一候補のカッセル近郊?メルヘン街道を経由して
?ブレーマーハーフェンに向かう自転車道です。 この道沿いには
友人が多く、ギブアップ時にスグに車でピックアップしてもらえる点と
てつひげ博士の街?いばら姫の城?ブレーメンの音楽隊やハーメルンの笛吹き男、
そしてフィナーレは「ブレーマーハーフェン港に有るUボート」がゴール♪
となるコースなので、結構楽しめそうな気がします(笑)。
この自転車道の名称は、「 Weser-Radweg 」というそうです。

  1. 2006/09/26(火) 10:23:41|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-191 2006-9-192


さて上の2枚の画像は、今回の旅で美味しかったものベスト2です。
イタリアで食べたピザとアイスクリームです。
ピザは5ユーロ、アイスクリームは2ユーロと、安かったです。

本当に昨今のユーロ高は、懐を直撃しますよね!
ある日なんて、何でもない夕食で55ユーロ!って言われた時にはビックリしました。
55ユーロって8250円!ですよ。 
そう思うと日本は安いよなーとつくづく痛感しました。
そのうち、ヨーロッパ出張には「飯盒&米&海苔&梅干&味噌を持参!」
なんて事になったりして(笑)。
ホテル代には不満は無いけど、とにかく外食が高くてマズくて嫌ですよね。

次回は必ずサトウの御飯&味噌汁を持っていこうと心に誓った次第です。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 10:19:51|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅・・・?

2006-9-201


今回の超ハードなヨーロッパ出張もいよいよ最終日です。
ヨーロッパ本部長にハノーファー空港まで送ってもらいました。
空港で待っていると、隣のアジア系の人に「チャイニーズか?」と聞かれました。
「ポリネシアンだ!」と冗談を言ったつもりが笑わないので、「日本人だ」と
素で答えました(笑)。 そしたら暇だったのか、上海から来たとか、これまで
どこそこの国に出張で行ったとかを延々喋ってきはりました。
暇潰しが出来て良かったです。

さてアムステルダム空港では、3時間ほどの待ち時間が有りましたので、
適当に暇つぶしをして、11時間後に無事に日本へ戻ってきました。
今回はとにかく、走りに走ったヨーロッパ出張でした。疲れました・・・。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

  1. 2006/09/26(火) 10:17:15|
  2. 2006年 秋 ヨーロッパ縦断の旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。